石川県がブーム

ブリ、甘エビ、のどぐろ、加能ガニ

北陸新幹線で石川県がブームになっています。

 

テレビの旅行番組では、ブリ、甘エビ、のどぐろ、加能ガニ…。
おいしそうなものがたくさん紹介されていて、いますぐにでも金沢に行って食べ尽くしたい!という気分になりますね。

 

しかし、実はこれらのお料理、いつでも食べられるわけではないのです。石川県の魅力は四季折々でおいしいものが食べられると言うこと。
ちなみに、前述で挙げたブリは、「ブリおこし」と言われる冬の雷が鳴り始めた頃から、甘エビは、底引き網の解禁する9月から、加能ガニは漁解禁の11月上旬から2月くらいまで、加能ガニのメス、香箱ガニに至っては年内で漁が終わるので、年が明けたら県内産は手に入りません。
ですから、テレビでブームになったかに面は1月になるともうお店には並びません。

 

「じゃ寒い時期しか、おいしいものないじゃない?」とおっしゃる皆さん、ちょっとお待ちください。

 

春になれば、様々なカレイ(驚くほどカレイの種類があります)、いか、さより、ブリの子ふくらぎ、夏になれば、天然岩牡蠣、鯛、ふくらぎより大きくなったガン度ブリなどたくさんのお魚が市場に並びます。

 

四季折々のおいしいものを楽しいんで欲しいです。