夜に行う時の注意点

基本的には夜の10時以降は作業はしない

引越しは多くの場合には昼間にする事が多いですが、仕方なく夜に引越し作業する事もあります。
ここでは夜に行う時の注意点について見ていく事にしましょう。

 

・夜の引越し時に気を付けるべき事

 

荷物を運ぶ時には音がどうしても出てしまいます。旧居の近隣の人にも新居の近隣の人にも音が響きます。
できる事ならば先に夜間に引越しの作業をする事を伝えておく方がいいでしょう。

 

旧居ならある程度顔見知りですが、新居で断りなく夜に運ぶ作業をして音をガタゴソたてていたら、近所の人が怒るかもしれません。
そうなればせっかくの新居でのスタートで躓きます。

 

基本的には夜の10時以降は作業はしない方がいいでしょう。
あまりにも遅い時間帯に引越しをすると通報の対象になる事もあります。
それから荷物を運ぶにしても夜間は暗い中での作業になるので、周りをよく見てぶつけないようにします。
それから足元にも注意しましょう。荷物を運んでいる時に躓いたら大変です。

 

・業者に依頼する事もできる

 

多くの引越し業者においては昼間の作業を柱にしている所が多いです。
ですが、都合で昼間が難しい時には、夜間もサービスしている業者もあります。
そのような専用プランがある業者に依頼する事はできます。

 

夜間プランもスタッフが教育されていて、静かに荷物を運ぶ事に長けています。
夜間に引越しする時には近所の人に騒音にならないように注意しましょう。
自分達でする自信がない時には、業者にお願いするようにするといいですね。

 

このようなイレギュラーな引越しについても、インターネットで検索すれば知っておくと便利な情報が数多く掲載されています。
他の人がどうしたのかを参考にすれば、失敗なく引越しできる可能性も高くなりますのでぜひ見てみてください。