できるだけ自分でできる費用対策を

費用を抑える極意とは?

引越し費用は意外に高いと感じる事はありませんか?引越しは大がかりな作業ですからそれなりの料金を支払う必要があります。でもその費用をできるだけ安く抑える事はできるのです。

 

・時期を見極める
 引越し費用を安くするためには、料金が安くなる時期を選ぶようにします。引越し費用が安くなる時期は1月、6月、7月です。逆に高くなるのは3月、4月です。この時期は引越しシーズンで皆が利用するので料金は高い傾向にあります。
 繁忙期の3月や4月は避ける方がいいです。

 

・不用品をできるだけ売却する
 あれもこれも持っていきたい、としていたら荷物が多くなります。その分業者は作業員の数を増やす必要があります。それにトラックも大きいサイズを用意しないといけません。これではやはりコストは高くつきます。
 できる事ならいらないものはお金に変えた方がいいでしょう。出張買取などをお願いするのも一案です。

 

・荷造りは自分でする
 荷造りを業者にお願いする事も出来ますが、有料の場合が多いので引越し費用を抑えるためには自分で荷造りするといいでしょう。

 

・混載便を利用する
 混載便というのは、同じ地域に引越しする人の荷物と自分の荷物を同じトラックに載せて運んでもらう方法です。荷物を混載する事によって運転手の人件費、移動にかかる燃料費などいろいろなものが削減できます。
 ですから、利用料金も安く抑えたサービスを提供してくれているのです。筆者も以前は山口の荷物の少ない家に住んでいましたので、地元の引越し山口の業者に依頼する際には、この混載便を活用して、お得に運ぶことができました。ですが、混載便の場合には同じ方面に引越しする人が現れない事には、このサービスは機能しません。ですから、引越しする人が現れるのを待たないといけない時があります。

 

 引越しは頻繁にするものではありませんが、費用はそれなりにかかります。できるだけ自分でできる費用対策をして安く抑えておくといいでしょう。